実績紹介

水道管布設替え工事

カッターを入れた後にアスファルトを剥がします。


トラックに積込み、マニフェストを用意して弊社の産廃保管積替えヤードに持ち込んでいただきます。


次に路盤材を漉き取ります。


同様に、マニフェストを用意して弊社の産廃保管積替えヤードに持ち込んでいただきます。


いよいよ残土の掘削開始です。


積込んでストックヤードに持ち込んでいただきます。残土は一般廃棄物なのでマニフェストは必要ありませんが、弊社で受入れ数量を管理して、工事終了後にリサイクルプラントの証明書を発行します。


水道管布設。これできれいなお水が飲めますね。


残土を運搬して改良土を持ち帰ってもらい、埋め戻して転圧します。


改良土、さらに転圧します。


改良土の転圧終了後、砕石RC-40で路盤を転圧します。


さらに、仕上げ用の砕石RM-40を転圧して路盤を整えます。


これで路盤材の転圧は完了です。


アスファルト合材にて転圧。


舗装完了。これで水道管布設工事の一日の工程は終了です。

このような現場から近い場所に、弊社のようなストックヤードがあれば、車の台数も少なくて済み、工程の進捗状況も変わってくると思われます。武蔵野近辺での工事のときは是非ご利用ください。

実績詳細一覧にもどる